Sign in

Ayako Fujino

子育てを優先しながらキャリアを築く方法

母になって間もなく4年。その間、常に考えてきた「子育てと仕事の両立」について現時点での考えをまとめてみた。

子育ての現状

3歳の長男が幼稚園に入園するにあたり、興味本位で調べて知ったことだが、2019年10月時点で3歳児のうち43.6%(42.5万人)が保育園児、36.7%(35.8万人)が幼稚園児なんだそう。それに加え14.4%(14万人)が幼保連携型認定こども園に通っているとのこと。※文部科学省HPより

私たちが小さい頃は幼稚園児の方が圧倒的に多かったように思う。この逆転現象は1998年を境に起こっており、もうとっくの昔に幼稚園児はマイノリティーとなっていたのだ。

幼児教育や保育の負担軽減を図る少子化対策として、2019年10月から幼児教育・保育の無償化が実施された。

無償化が実施される以前に生まれた長男に関しては「費用面から考えると、在宅育児しながらできる範囲で仕事した方が効率がいい」と判断していたが、2019年以降に生まれた次男に関しては、費用面以外の理由での選択を迫られることになったのだ。

我が家が選んだ在宅育児

上述したようにフリーランスで働く私の稼ぎは不安定。長男を出産した4年前はフリーランスとしてもまだ日が浅く、仕事も単発のものが多かった。

よって保育園の費用から考えても、仕事量から考えても、在宅育児を選ぶのが妥当と判断した。

在宅育児の1番のメリットは、自由に習い事をさせてあげられること。そして何より幼少期の成長を一番近いところで見てあげられること。

反対にデメリットに感じたのは、自由に動き回ることができないこと。そして安易に仕事を増やせないことだ。

メリットを最大限に活かすべく、子どもたちは0歳6ヶ月からスイミングに通わせている。週に3回、何度も心折れそうになったが、子どもの楽しそうな姿に背中を押され続けている。親子一緒に入るベビースイミングでは、筋力や体力向上、泳ぎの上達だけでなく、お友達やコーチとの関わり方も学ばせてもらっている。

夫婦で考えた教育のこと

私たち夫婦には、「子どもがやりたいことを全力でやらせたい」という共通の教育理念がある。二人とも人生の大半をスポーツに捧げてきたことがその背景にあるのかもしれない。

競技としてスポーツを続けるために家族のサポートは必要不可欠。小さい頃であればクラブの送り迎え、土日に開催される試合のサポート。また本格的になってくれば食事管理やメンタル面のサポートも家族の役割になってくる。

小さい頃から家族のサポートに恵まれていた私たちは、自分の子どもに対してもその環境を整えてあげたいと考えている。

子どもがスポーツを選ぶとは限らない。でももし本気でやりたいことを見つけたとしたら。課外活動や家族のサポートが不可欠であるとしたら。

両親とも拘束力の強いフルタイムワーカーでは、それは叶えてあげられないよね、というのが私たちの出した答え。

私が叶えたいキャリア

このテーマを書くにあたり私自身が仕事上のキャリアをどう考えているのか、はとても重要なテーマ。この叶えたい姿がないのであれば、子育てと仕事の間で悩まずに済むはず。

今はライターとしての仕事がメイン。ただこの仕事に100%満足しているわけではなく、文章を書きながら自分にどんなことができるのか、自分だからこそ作れるコンテンツはなんだろうと日々模索している。

現時点ではっきりと言えるのは、自分の言葉で表現したり、考えを述べたり、トレンドを追っかけたり、新しい技術に触れてコミュニケーションを楽しむことが好きだ。

だから40歳になっても、50歳になっても、何かしらの形で仕事をし続けたい。世の中にとってほんのわずかでもいい影響を与えられるようなコンテンツを作っていきたい。

果たして子育てと仕事の両立はできるのか?

今後、子どものサポートや環境づくりを最優先にしながら仕事で実績を積み上げるために、満たすべき条件があると考えている。

ライターのいいところは時間や場所に縛られないところ。もちろん締め切りという区切りはあるが、その過程において、何時にどこで原稿を書こうが自由。今の時点ではベストな仕事だと思っている。

この4年間で見出した子育てのコツはすべてを親だけでやろうとしないこと。自治体や民間のサービスはフル活用、家族や知人の協力には大いに甘えたらいい。世の中では、子育てにおける日々の苦悩がクローズアップされがちだが、忘れちゃいけないのは子育ては長期戦ということ。途中棄権することのできないマラソンなのだ。要所要所で栄養や水分をきちんと補給するのが大事。

時間や思考の無駄を省くためのルーティン化は必要だと考えている。1日の動き方もルーティン化すれば負担は減っていくはず。

例)毎週▲曜日の予定

朝メールチェック→長男幼稚園送り→次男ベビースイミング→食材買い出し→帰宅→洗濯機まわして昼食→次男昼寝(仕事・夕飯下拵え)→長男お迎え→帰宅→長男夕寝(夕飯作り・残った家事)→夕飯・お風呂・翌日準備→子ども就寝→仕事

といった具合に。やけに大変そうに見えるけど、朝夕は夫もいるし、何よりベビースイミングがあるの日のランチはお弁当と決めている。家族みんなが心地いい妥協点をみつけるのもきっと大事なこと。

最後に

ここまでの話はすべて私の場合の子育てと仕事の両立方法であって、きっと人の数だけかたちがあるはず。

両親ともにフルタイムでバリバリと働き、その姿を見せることで子どもの成長を刺激するのもひとつの考え。稼いだお金で人を雇い、子どもの環境をサポートするのも、もちろんありだと考える。

子育てと仕事の両立は、果たしてできるのか。

これからの自分で検証していきたい。


35歳、これからのわたし

「若いね」

そんな言葉からいよいよ抜け出した35歳。

誕生日当日にぼんやりと思ったのは、「やっと大人の人生がはじまるな」ということ。

20代までは化粧をしたり、着飾ったり、体型をカバーしてよりよく見せることに注力してきたけど、30歳になった頃からか、意識が大きく変化してきました。

自分を覆っているものを根こそぎ剥いでいきたいと思うようになったのです。

ありのままの自分をみられても恥ずかしくないように。
肌も髪も体調も、最高に仕上げた状態で勝負するんじゃなくて、普段の状態で勝負したい。

そんなマインドです。

変化の背景として「肩書きが増えてきたこと」も関係しているかもしれません。

仕事上の「フリーランス」「ライター」「コンセプトライター」「プロジェクトマネージャー」以外にも「妻」「母」「主婦」「ワーママ」…なんかやたら増えてきて、、いやもう、全部脱ぎたい!私は私なんじゃいっ!という気持ちになりました。

カテゴリーを全部無視して、ただ「35年間生きてきた人間」としてかっこよくありたい、そう思っています。

そのために「脱ぐ」。

有形無形、あらゆるものから脱していきたいと思います。

余談ですが、KIRINの「午後の紅茶」も2021年に35周年を迎えるんだそうです。

ロングセラーと言われていますが、わたしの1年後輩ですね。なかなか。


このたび屋号をつくりました

悲しみのようで喜びでもある

孤独のようで豊かでもある

無機質のようで艶やかでもある

堅物のようで自由でもある

新たな旅はいつだって

真っ暗な闇の中から

これから「漆黒のあやこ」として活動していきます。

どうぞよろしくお願いします。


1年の振り返り

行きたい場所に行く、自由。
会いたい人と会う、自由。
話したいことを話す、自由。

意識せずにやっていたことが制限され、過去の「自由」と現在の「不自由」を実感せずにはいられなかった。

断片を取り上げて、どんなにポジティブに解釈しても、やはり過去の「自由」には勝てないなと感じた。

この1年「身の回りを整え、おうち時間を充実させよう」といった主旨の文章を何本書いたことか。

自分の言葉はブーメランのように私自身にも影響を与え、誰からも強要されていないのに身の回りを整えようと必死になっていた。

そして10月。やっと気づいた。

整えるの、無理!

幼い子ども二人が日々急成長する中で、暮らしを整えるのに必要なエネルギーは底知れない。だからいまは、大いに広げて、大いに散らかすことに決めました。

そう思ったら気持ちは楽に。
我が家はより快適な場所になった。

5年間手探りでやってきた執筆業。

今年は何でも経験だと開き直り、いろんな仕事に挑戦してみた。

その中でコピーライティングの仕事が増えたり、ステートメントやブランディングメッセージの執筆、作品展のタイトルづくりなど、これまであまり経験のない仕事に出会えた。

そして、私がやりたいのはこういうことかも・・・
という方向性がぼんやりと見えてきた気がします。

この気持ちをどうやって膨らませていくかは自分次第。

2021年は「野望」をキーワードに掲げて。

▼仕事の話はこちらにも

本当ならオリンピックを見に行くはずだった2020年。

家族で買った記念Tシャツは本来の役目を果たす前に、暮らしに溶け込んでしまっている。

さよなら、ニーゼロニーゼロ


いまの私ができるまで

「仕事は何をされているんですか?」と聞かれた時に、ちょっとドギマギしてしまう私。ライターになるまでの流れを回想しつつ、そんな自分を紐解いてみました。

広告屋だった私

新卒1年目。紙ものに特化した広告制作会社に入社。パンフレットやポスター、雑誌やフリーペーパー作りを叩き込まれました。その後、新規事業部で映像のライブ配信事業に携わりました。

そして広告の、全く違う景色を見たいと思い、イベント制作会社(株式会社ライツアパートメント)に転職。大小ものすごい量のイベントを制作している会社で、良くも悪くもイベント漬けの1年を過ごさせてもらいました。

その後、広告プロデュース会社(株式会社kiCk)を4人で立ち上げ、CM制作からWEB、紙媒体、イベント、キャンペーン、SNSなどあらゆるプロモーションを手掛けさせてもらいました。

そう、私は広告屋以外の何者でもなかったのです。

悩みのターン(どん底)

結婚を期に、少しずつ会社やメンバーとの心の距離が離れていきました。それまではプライベートも犠牲にして仕事第一の生活を送っていましたが、そういうマインドではなくなっていたのです。

離れた心は戻って来ず、会社とも相談して退職、それまで担当していた企業の広告制作をフリーランスとして引き続きやらせてもらうことに。会社勤務時代に比べ、ぐっと時間ができたこともあり、軽い気持ちでWebメディアでの執筆も始めました。

フリーランスのスタートは金銭的には恵まれていたものの、精神的には悶々とする毎日。この仕事をするためにフリーランスになったのか?何がしたいんだろう、私は…と問答を繰り返していました。

WhatからHowへ

悶々とした日々に答えを見つけられないまま、1年、2年と過ぎていく日々。その間に結婚式や第1子の出産があり、なんとか前向きに明るく生きていられました。

止まりかけていた歯車が回り始めたきっかけは「cocorone」のライター募集。以前からいいなと思っていたライフスタイルメディアだったので、ダメ元で応募してみることに。

今考えれば「何がやりたいか」よりも、「どんな世界に触れるか」「どんな人(やチーム)と仕事をするか」の方がその時の私にとっては重要だったのです。

もしかしてライターなのかもしれない

若干のライター経験はあったものの、ほぼ初心者レベルでcocorone編集部に入れてもらい、迷惑をかけまくる日々。

書くことが好き、そしてcocoroneの世界観が好き。その一心で、編集長やライター仲間から学んでいくうちに「あれ?私ってもしかしてライターなのかもしれない」と思えるようになりました。

それでも自分が書く文章には自信が持てず、広告の仕事も続いていたことから「広告屋、時々、ライター」そんな自己紹介を継続。

そして再びHowからWhatへ

いくつかのメディアで執筆させていただくようになり、仕事の比重もライター業がもっとも大きくなっています。

いよいよ「ライターじゃない」とは言えない状況になりました。

そんな私が今考えていることは、「どんな人と仕事をするか」「どんな環境でものを書くか」よりも、やっぱり「私が何を書きたいか」なのではないかと思っています。

WhatからHowへ、そして再びHowからWhatへ。

きっとこれからも考えは移ろうけれど、「今」の私が何を感じて、どう行動していくか、を大切にしていきたいと思います。


言葉と向き合ってみた

雑談・おしゃべりでは軽い口調でペラペラ話すのに、何かを説明するとなると突然、慎重に言葉を選びだす…そんな私です。

もしかして話すことが苦手なのかもしれない…そんなふうに思い始めたのは2020年に入ってから。

そしてふと思ったのは、「話す」のが苦手だから「書く」ことを仕事にしているのか、はたまた「書く」ことを仕事にしたことによって「話す」ことへの苦手意識が強くなっているのか。

どちらなんだろう。

感覚的には後述した方が当てはまる気がしていて。
「書く」ことを仕事にしたことにより、どんな言葉でどう伝えるか、について頭で深く考えてしまうようになりました。
また「書く」文章のようにきれいにまとめようとするあまり、「話す」ことの利点でもある気軽さが失われています。

このままいくと「書く」の質を上がるかもしれないけど、「話す」に関しては下り坂を転がり落ちていくのでは…と思っています。

そんなわけで、趣味でラジオをやっています。

思っていることをもっとスムーズに話せるようになりたいです。

〈ほどほどラジオ〉\ぜひ、聴いてね/
https://stand.fm/channels/5e681b2c81d4e84e1f86e50f


仕事のご依頼について

フリーランスでコピーライティング、WEBメディアでの記事執筆、プロジェクトマネージャーとして活動しているふじのあやこです。

新たにお仕事の依頼をお受けする際に、ポートフォリオを求められることが多くなり、こちらにまとめてみることにしました。尚、ご連絡はTwitterのDMもしくはFacebookメッセンジャーよりいただければと思います。

01.これまでのこと

▼主な職歴
’08 広告会社に入社(Account Executive)
’12 イベント制作会社に転職(Assistant Producer)
‘13 株式会社kiCk設立(founding member/Creative producer)
‘16 フリーランスに転向(広告制作/執筆活動)
’18 ライフスタイルメディア『cocorone』編集部にjoin
’21 屋号「漆黒 K100」を掲げて活動開始

▼屋号についてはコチラ

▼「書く」ことの発端
4歳から歌を習い始め、その中で歌詞に興味を持ち、作詞活動を開始(小5頃)。中学在学中には自身の学校の校歌も作詞。日本著作権協会準会員。

02.目指すもの

書くことで「人」と「人」、「人」と「想い」の橋渡しをしたいと考えています。

▼詳しくはコチラ

03.仕事について

「あなたの毎日に、小さな“素敵”を添えて」をコンセプトに、理想の暮らしを叶えるための情報を発信するライフスタイルメディア『cocorone』編集部員として執筆と運営業務を行っています。

cocorone Instagram https://www.instagram.com/cocoronedays/

新商品コピー、ステートメント作成など、コンセプトライティングをしています。2021年特に力を入れていきたい領域です。

【ライティング事例︎】 https://dance.arimino.co.jp/

ライフスタイルメディアでの記事執筆を行っています。

記事執筆事例︎】 https://nextweekend.jp/69228/

企業SNSアカウントの執筆代行をいくつか行っています。(契約上、事例は掲載できません。ご了承ください。)

企業の広告制作作業のお手伝いをしています。進行管理、媒体管理からデザインディレクションまで、サポートさせていただきます。

株式会社IDENTITY / 株式会社アマヤドリ / 株式会社エードット/ 株式会社ガルテン / 一般社団法人 日本風力発電メンテナンス技術協会 ほか

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。
軽度の人見知りですが、人は好きなので、お仕事を通しての新たな出会いにわくわくしています。

※2児の母でもあるので、スケジュールによってはお受けできない場合もあります。ご了承ください。

▼SNSアカウントはコチラ
〈Instagram〉https://www.instagram.com/f_amechan/
〈Twitter〉https://twitter.com/f_ameco


子育てと夫婦のこと。

01.子育てのこと

−息子ふたり。ひっちゃかめっちゃかな日々−

私のInstagramを見た人から「子育てしているのに余裕がありますね」とか「お子さんがいても整った生活をしていますね」とよく言われるけど、とんでもない。

ひっちゃかめっちゃかです。

朝から晩まで、泣いたり笑ったり怒ったり。ジェットコースターのような日々。

Instagramは、暮らしのことを穏やかな気持ちで見つめられる時にだけ更新するので、余裕のある印象を与えてしまうのかもしれません。

ただ、2人の息子がいることによって、私が120%頑張れていることは確かです。

それは子どもに親の背中を見せたいとか、そんなかっこいい話ではなく、息子たちから毎日勇気をもらっているから。

幼い子どもにとって日々生きることは本当に大変。恐怖へ打ち勝つことも、「はじめて」への挑戦も、ものすごいエネルギーが必要なはず。

だからそうやって、必死で勇気を振り絞って生きる息子たちに背中を押されながら、頑張ろうと思えているのです。

02.夫婦のこと

−私たちは、ひとつのチーム−

「夫婦円満の秘訣はなんですか」という質問。耳にタコができるくらい聞かれます。

夫婦のかたちはそれぞれ違う。だから私たちの話なんて何も参考にならないと思います。

その上でお伝えするとすればこんな話。

忙しいとつい「夫婦なのに平等じゃない」「私だってもっと自由に生きたい」なんていう思いが頭をよぎります。

でも、そのステージにいる限り夫婦円満は叶わない。

「大切な人をただ大切にする」

これが夫婦円満の秘訣なのではないでしょうか。

なにか思うことがあれば伝えたらいいし、壁にぶつかっているなら一緒に解決方法を探せばいい。

心から大切に思う気持ちがあれば、素直になれるはず。

私たちは、ひとつのチームだから。そう思っています。


はじめまして、ふじのあやこです

言葉は生きていく上で欠かせないもの。

日々、数えきれないほどの言葉に触れる中で、悲しい気持ちや苛立ちを覚えることも多々あります。

他人から発せられる言葉は、私にはコントロールできないもの。唯一コントロールできるのは、自分自身が生み出す言葉だけです。

私は仕事や趣味で「書く」つまり文章を綴ることで、自分自身の生き方を明確にしていきたいと考えています。

そして欲を言えば、その文章を読んだ誰かを笑顔にしたり、心の重りを減らしたり、穏やかな気持ちにしたり…そんなことが叶うといいなと思っています。

そのひとつひとつはあまりに小さなこと。夢見がちだと思われるかもしれません。だけども、その積み重ねが世の中を健やかな方向へ動かせると信じているのです。

自分の人生がいつ終わるかなんて誰にもわからないけれど、大好きな言葉たちと一緒に、生きていけたらいいなと思っています。

なんだか壮大な話になってしまいましたが、Medium初投稿。

はじめまして。よろしくお願いします。

Ayako Fujino

freelance writer / copywriter / project manager

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store