「書く」と「話す」の間で

言葉と向き合ってみた

Image for post

雑談・おしゃべりでは軽い口調でペラペラ話すのに、何かを説明するとなると突然、慎重に言葉を選びだす…そんな私です。

もしかして話すことが苦手なのかもしれない…そんなふうに思い始めたのは2020年に入ってから。

そしてふと思ったのは、「話す」のが苦手だから「書く」ことを仕事にしているのか、はたまた「書く」ことを仕事にしたことによって「話す」ことへの苦手意識が強くなっているのか。

どちらなんだろう。

感覚的には後述した方が当てはまる気がしていて。
「書く」ことを仕事にしたことにより、どんな言葉でどう伝えるか、について頭で深く考えてしまうようになりました。
また「書く」文章のようにきれいにまとめようとするあまり、「話す」ことの利点でもある気軽さが失われています。

このままいくと「書く」の質を上がるかもしれないけど、「話す」に関しては下り坂を転がり落ちていくのでは…と思っています。

そんなわけで、趣味でラジオをやっています。

思っていることをもっとスムーズに話せるようになりたいです。

〈ほどほどラジオ〉\ぜひ、聴いてね/
https://stand.fm/channels/5e681b2c81d4e84e1f86e50f

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store